不登校歴の長い中学生に、一人で勉強するための問題集がほしいと言われ、仕事の帰りに書店で探した。漢字なんかは東京ベーシックなどインターネット上にある教材で十分に自習できる。その子のレベルに合わせて、その子でも読めそうな説明・解説のついた、文章読解問題の載っている本。大事なのは一人で続けられることであって、できれば国語や読書に興味をもてるようなものが良い。

①『やさしくわかりやすい中学国語
初めの方のレベルは程よいが、終わりの方は受験テクニックじみてきて、難しい。文章読解に関してはバランスがよい。ただ、問題を解く前に考え方や知識事項を伝えるための説明が、やや難しく(国語がある程度できる子であれば、十分読めるのかもしれないが)、補助が必要になるように感じた。

中学生のための人気作品で学ぶやさしい文章読解
「人気作品」とは小高学年〜中高生くらいの読む小説のことで、評論文がないのが残念なのだが、レベルは程よい。また問題を解くためのヒントがあったり、解説が話し言葉であったり、抵抗感を減らす工夫もよい。なにより、何かグッとくる小説の一場面があったりすれば、読書に興味をもてるかもしれない。漫画も載ってる。表紙もかわいい。というわけで、その子にはこの本を薦めた。

やさしくまるごと中学国語
詳しい。文法事項から文章読解までおさえていて、良さそうな本ではあった。見ていないがYouTubeで解説動画を見ることもできるらしい。しかし、いきなり文法なので、その子がやる気をもって取り組むには厳しいと感じた。分厚さも、抵抗感を抱かせそうな気がし、この本を紹介するのはやめた。

しかし思うのは、①や②のような本の解説でも、勉強経験の積み重ねられていない子にとっては、一人で理解するには難解すぎるのではないか、ということである。書いてあることを、私がゆっくり噛み砕いて話せば、あるいは伝わるのではないかという気はするが、一人では、単語の羅列にしか見えないのではないか? 文章や、映像でも、一方的な伝達では学ぶことのできない段階の子供たち、それも義務教育を終えるような年齢で、そういった段階の子供たちと、対話をする大人がいるということの大事さである。

タグ:, , , , . カテゴリー:感想・批評・レビュー,雑記・評論・まとめ,その他書籍.
コメント:無し

«