Sora:Nov 18,2009
いやはや女の子の気持ちがわからない今日この頃。オトコノコの僕にはその片鱗さえつかむことのできない女心、何に例えよう、と思ったら「女心と秋の空」という見事なことわざがありました。

「女心と秋の空」というのはもちろん女心と秋の空はわからない予想できない、といったことわざですが、実は「男心と秋の空」ということわざもあるんですよね。これはもうトリビア(古い?)だろ、と思って人に話したら普通に知ってました。あれ。しかし、「男心と秋の空」はあんまり美しくない気がする。むしろ男心は夏の天気のように激しく猛々しくあるべきなのでは? と草食系男子の僕は思います。

まあ、とにかく、女心がわからないわからない。少女漫画読んだり女性むけノベル(!)を読んだりといろいろ努力しているのですが、まったくもう、どうなんかなぁ……嫌われてるのかなぁ……どちらかというと良い人なのかなぁ……露骨に避けられるのもつらいですけど、まったく表に出さないというのも恐ろしいですよね。表に出てくる分秋の空の方がましだなぁ……。仮に迷惑なら退きたいし、迷惑じゃないなら前進したいし、うーん、結局は保身なのかなぁ……。

秋の夜長は青いことに悩むのにもありがたいですねー。ばいばい! 俺より年下のカップルは滅びろ!

タグ:, . カテゴリー:雑記・評論・まとめ.
コメント:1件

« »