朝の連続テレビ小説「つばさ」で一瞬盛り上がった我が地元埼玉は川越市。地元と言ってもめちゃくちゃ郊外に住んでいるのでなかなか観て回る機会というものがなかったのですが、デジカメを買ってみたことですので、今日一通り観光してみました。独りで。観光といってもやっぱり勝手知ったる町ですので知ってるところをぶらっと歩いてみただけで、たぶん普通の観光客より名所といわれるような場所を訪問してないのですが、まぁ基本的観光名所はおさえたはずです。

時の鐘

時の鐘。川越市のシンボルなんだってさ。確かに川越といえば? と聞かれるとこのちっぽけな塔しか思いうかばない、それくらい何もない町なんですよね川越って。この鐘の裏に公園があって、そこで逆上がりの練習をして死にかけた思い出があります。

時の鐘、裏から幼き僕が死にかけた鉄棒

喜多院喜多院:なんか塔たぶん徳川家家紋
DSCN0095DSCN0094DSCN0092

もうひとつのシンボル、喜多院。徳川ゆかりの地らしく、仙波東照宮という文字もありました。あと偶然というかなんというか、11月1日から同月23日まで川越菊祭りというのを喜多院で催しているらしく、見てみましたらなんか仏教絵画によくでてくるお花がいっぱいありました。

川越なんたら教会

うろ覚えですがたしかカトリック系の教会。和風の街並みの中にある異国。

DSCN0087DSCN0084

郊外。いや、市街地のすぐ近くでした。田舎だなぁ・・・。

最後に、なんたら珍百景に選ばれたらしいカトゥジドゥシャ。デパート丸広の近くにあるのですが、あまりになじみすぎて珍であることを感じずにいました・・・・・・。

DSCN0108

うん、確かに15分では観られない。てか時の鐘から喜多院まで歩いたら10分くらいかかりますからね。車もびゅんびゅん通ってますし、川越が大観光都市になるのは難しそうです。さすが小江戸だけに。ここは川越~、小江戸の街~という歌があったなぁ・・・・・・以上!

タグ:. カテゴリー:旅行,日記.
コメント:6 件

« »