最近twitterに登録してみたんですけど、まあ、ブログを更新した時にプラグインが自動でつぶやくくらいなんですけど、内藤みかという作家だという方がいらっしゃいまして。聞いたことあるな……と思ったらいわゆるケータイ小説家でした。

ケータイ小説といえば走りは恋空だと思うのですが、この内藤みかさんというのもけっこう有名人らしいっすね。代表作は『いじわるペニス』。……ああ、本屋さんで見かけたんじゃないかなって気がしてきました。だって、ねぇ。目につきますからねぇ。

僕も初めてサイト作ってみたのは魔法のiらんどでした。というのもいわゆる口コミで恋空を知り、魔法のiらんどというサイトで作られているということを知って、僕も文学を志す青年でしたから、一旗上げようと思って。上げるどころか旗がなかったみたいな感じでしたけど。一応昔一本ケータイ小説を完結させたりしたんですけど、あまりにもあまりにもひどかったので消しました。こうやって自分の文章読むと、進歩してないなと痛感。

当時恋空が流行ってたんですね。その後書籍化されたり映画化されたりしたのですが、それ以前から知ってたのでちょっと誇らしい気分でした。正直言って途中で読むのやめたんですけどね。ちょっと耐えられなかったので。それ以来売り文句がケータイ小説だというだけで拒否反応を示してしまうのですが、どうなのかなぁ。まあどちらにせよいじわるペニスは読まないと思います。偏見を持たず何でも理解しようと努力するのが我がモットー、というか目標ですけど、厳しいものがありますよ。

めちゃくちゃ話題変わりますけど、今LOTO6のコマーシャルに出てたけど、伊東美咲さんかわいいっすね。宮崎あおい宮崎あおい言ってますけど伊東美咲さんも好きです。結婚してください。てか、30歳ですよ確か。30歳ってまだまだ若いんだなぁ・・・と10代の僕がほざいてますけど、いや僕の守備範囲は自分の年齢プラスマイナス20まで、マイナス20ってマイナスになりますけど、かなり広いので大丈夫です。何が?

問題は自分が年齢以外の面で女性の守備範囲に入らないことですよね。あーあ。あ、twitterのユーザー名はaoi_earですよ! では。

いじわるペニス (新潮文庫) いじわるペニス (新潮文庫)

男はときどき買えばいい あなたを買った夜 (ベストロマン文庫) あなたと、したかったから。 (マガジンハウス文庫) 出張ホスト―僕はこの仕事をどうして辞められないのだろう? (幻冬舎アウトロー文庫) 何かを書きたいあなたへ―ケータイ小説の女王が教える文章術!

タグ:. カテゴリー:日記,日常.
コメント:無し

« »