• 本 (42)
  • 映像 (33)
  • 音楽 (7)
  • 物 (4)
  • Tag: SF

    イリヤの空、UFOの夏 / 秋山瑞人


    ★★★★

    そこには少しの爽やかさもない。やたらと多い不味そうな食事と苦痛の描写。ヒロインは度々鼻血を流し、中華丼を髪の毛ごと食べ、病む。主人公はオカルトオタクで、度々トイレに行き、オナニーし、何も成し遂げない。そして突き落とすようなエンディング。しかしそれらは、僕らが青春ライトノベルを読む、そのもののエグさのようでもある。突き落とされた後も、彼と僕らは生きなければならない。

    カテゴリー:

    サザーン・リーチ三部作 / ジェフ・ヴァンダミア

    ★★★★

    描写に歩くことやドライブや自然への愛が感じられて良い(奥さんへの愛……は感じすぎか)。最初はけっこう怖くて良いのだが慣れてくると飽きる感じはある。しかし読ませる。

    カテゴリー:

    地球の長い午後 / ブライアン・W・オールディス

    寄港地のない船 / ブライアン・W・オールディス


    ★★★

    すらすら読めておもしろく、後味も悪くない(読み方によるが)。さすがに古いが。

    カテゴリー:

    クリュセの魚 / 東浩紀


    ★★★★

    こういう美少女に抵抗感を覚えるようになってしまった。しかし書いてることはかっこいい。届かないことで届き続けるメッセージ。

    カテゴリー:

    Theme by Artexor(Customized)