• 本 (42)
  • 映像 (33)
  • 音楽 (7)
  • 物 (4)
  • Tag: 青春

    花咲くいろは


    ★★★★

    職業柄?この子たちの人権どうなってるのと思ってしまう。緒花ちゃんかわいい。

    カテゴリー:映像

    プレーンソング / 保坂和志

    ぼくと、ぼくらの夏 / 樋口有介

    四月は君の嘘 / 新城毅彦


    ★★★★

    広瀬すず目当てで観たが、やはり名女優。原作の良さは語るに及ばず、脚本もよくまとまってるが、映画の演奏は想像の音を超えない……(しかし演奏シーンはよく撮れてる……)。

    カテゴリー:映像

    イリヤの空、UFOの夏 / 秋山瑞人


    ★★★★

    そこには少しの爽やかさもない。やたらと多い不味そうな食事と苦痛の描写。ヒロインは度々鼻血を流し、中華丼を髪の毛ごと食べ、病む。主人公はオカルトオタクで、度々トイレに行き、オナニーし、何も成し遂げない。そして突き落とすようなエンディング。しかしそれらは、僕らが青春ライトノベルを読む、そのもののエグさのようでもある。突き落とされた後も、彼と僕らは生きなければならない。

    カテゴリー:

    台風クラブ / 相米慎二

    Helpless / 青山真治

    共喰い / 青山真治

    おとぎ話みたい / 山戸結希


    ★★★★★

    傑作。山戸結希の書く、「哲学的」と呼ばれる独特の台詞、どこか、無理をして難しい言葉を使っているという感じがあり、『5つ数えれば君の夢』を観たときには苦手だなぁと思ったのだが、しかし「少女」というテーマをはっきり打ち出している『おとぎ話みたい』では、「少女」の不安定さ、たどたどしさ、イタさとその「哲学的」な無理な語り方が完全にマッチしている。思えば『5つ数えれば君の夢』も「少女」モノだったわけで、そういう見方をできてれば、山戸の脚本をもっと深く楽しめたんだろうなぁと今更思う。後に観た山戸のデビュー作『あの娘が海辺で踊ってる』も然り。映像も天才的。暗い田舎道をはしゃいで踊りながら歩くヒロインの「少女」的不安定さ、それを捉えるカメラさえも「少女」めいていて美しい。

    カテゴリー:映像

    風切羽 / 小澤雅人


    ★★★★

    母(母は増殖する。母の行動をなぞる姉、母の身体(強調される胸、生理)に近づく自分)=自分から逃げる(街の多くの人間に知られている)女と自分を探す(街の人間は誰も知らない)男が夜の街を自転車二人乗りで走る。そして最後には父親を殺す。フラッシュバックとして描かれる幼少時代の虐待や施設のシビアな人間関係はキツく、街の明かりの描写(立ち並ぶマンションの窓の明かり、自分はそのどれかであってもいいはずなのに……と私自身も抱いたことのあるあの感情)や二人の会話はエモく、なかなか良い映画なのだが、終わり方はふーんという感じ。

    カテゴリー:映像

    花とアリス / 岩井俊二


    ★★★★★

    美しく、それでいてナチュラルな女優による、観ていて心地よい美しき青春。細部の会話、仕草、エピソード、キャラ造りの巧みさ。岩井俊二流の色彩、不意に挟まれる、観る者を緊張させる奇妙なショットとユーモア。

    カテゴリー:映像

    鴨川ホルモー / 本木克英

    旅の重さ / 斎藤耕一


    ★★

    時代を感じる青春映画。古き良き日本の風景と高橋洋子の脱ぎっぷりは美しい(美人ではないだろうが……)。しかしおもしろくない。時代をおもしろがることはできる。

    カテゴリー:映像

    四月物語 / 岩井俊二

    打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? / 岩井俊二

    Theme by Artexor(Customized)