• 本 (30)
  • 映像 (29)
  • 音楽 (6)
  • 物 (3)
  • Category: 本

    15才 / 前田憂佳, 根本好伸

    夜行 / 森見登美彦


    ★★

    エンターテイメントとしての質は高いのだろうが……。いつも森見登美彦をおもしろく読めるのであればおもしろく読めるだろう。森見登美彦を超えるものはない。

    カテゴリー:

    断片的なものの社会学 / 岸政彦


    ★★★★

    社会学ではなく、社会学についての本という印象。社会学というものには冷たいといったイメージを持っていたが、そして実際に冷たい(本書の言葉では「暴力」か)のだが、その芯にある人間性を感じさせる本。「セクハラヤジ」を受けた女性議員のかすかな「笑い」への鋭く暖かな視線は特に印象的。しかし、ただの良い本、でもある。

    カテゴリー:

    20歳の約束 / 長澤茉里奈, 井ノ元浩二

    書くことについて / スティーブン・キング, 田村義進訳


    ★★★★

    村上春樹の元ネタの一つ(?)。推敲の例がすばらしい。長い。

    カテゴリー:

    路面電車 / クロード・シモン,平岡篤頼訳

    挟み撃ち / 後藤明生


    ★★★★

    物語でなく細部で読ませるおもしろさ。そし最後の段落が見事、見事な構成で、感動的でさえある。

    カテゴリー:

    渋谷 / 藤原新也

    MOGA / 最上もが, 桑島智輝


    被写体が悪いというわけでなく、全体として色気のない写真集になっている感じがする。なぜだろう、作られすぎ? こういう写真、好きな人は好きそうだが……。

    カテゴリー:

    ゆ、ゆ、ゆきりん・・・ / 柏木由紀, 箭内道彦


    「リアル感、プライベート感」なるものを表現しようとしているようだが、下手な写真だとしか感じられない。被写体が好きでもこれは楽しめない。

    カテゴリー:

    センセイの鞄 / 川上弘美


    ★★★★★

    丁寧に書かれた傑作恋愛小説。例えば「浴衣の中の自分の乳房」に触れてから、男の部屋で「ゆうぐれの灯にくる大蛾さみしそう」などという句を詠むことになり、それから描かれる微かな濡事、この驚嘆すべきバランス感覚。何か大きなことの起こるわけでもなく、しかし軽妙やユーモアと細部の心楽しい描写で読ませる、抑制のきいた文章。懐かしき小説の魅力。

    カテゴリー:

    moi -モア- / 石原さとみ, 大橋仁撮影


    ★★★★

    飛行機内の石原さとみ、喫茶店の石原さとみ等々、どこか日常的な感じがして、なかなか良い(無論水着なんて非日常的なものは着ていない)。切実なのかどうかは知らないが、大量生産的なポエムには苦笑。

    カテゴリー:

    サザーン・リーチ三部作 / ジェフ・ヴァンダミア

    ★★★★

    描写に歩くことやドライブや自然への愛が感じられて良い(奥さんへの愛……は感じすぎか)。最初はけっこう怖くて良いのだが慣れてくると飽きる感じはある。しかし読ませる。

    カテゴリー:

    世界史 / ウィリアム・H・マクニール, 増田義郎・佐々木昭夫


    ★★★

    教科書よりは人文学の香りがするが、基本的に世界史を勉強したことがあれば、知ってることばかりでやや退屈。世界史の中の日本が外部から語られているのを読むのはけっこうおもしろいか。しかし、学部生にこれが流行る理由はわからない……。

    カテゴリー:

    SWITCH 16.02

    ムーミン谷の彗星 / トーベ・ヤンソン, 下村隆一


    ★★★★

    終末の描写は90年代にも通じるものがある。インテリがたくさん出てきておもしろい。おそろしいものを前にして右往左往したり諦観に沈んだりするインテリや活動家と、見ようとしない女の子といったどこか寓意的なキャラクター設定が大人にもおもしろい。一方で暗闇や宇宙や洞窟、家や両親などの描写は、こどもの頃に抱いていたイメージを思い出させ(本当に「思い出し」ているのかは疑問だが)、やはりこどもにも響く物語なのだろうと感じさせる。基本的に良い訳だという気がするが、ちょっと訳のままだと意味のわからないところもあるような。

    カテゴリー:

    美晴さんランナウェイ / 山本幸久


    特別悪いわけではないが、おもしろくない。そして、女の色気へのこだわりはわかるが、気持ち悪いのがきつい。

    カテゴリー:
    タグ: ,

    クロサギ / 黒丸, 夏原武


    ★★★

    けっこう優しい世界。ヒロインがかわいいので読める。長いが完結編全四巻はかっこいいしちょっと感動。

    カテゴリー:
    タグ: ,

    四月物語 / 岩井俊二

    旅少女 / 荒木経惟


    ★★★★

    写真もさることながら、付されているショートストーリーにまた味がある。

    カテゴリー:

    植村あかり ファースト写真集『 AKARI 』 / 西田幸樹

    地球の長い午後 / ブライアン・W・オールディス

    寄港地のない船 / ブライアン・W・オールディス


    ★★★

    すらすら読めておもしろく、後味も悪くない(読み方によるが)。さすがに古いが。

    カテゴリー:

    雪 / オルハン・パムク

    切りとれ、あの祈る手を / 佐々木中


    ★★★★

    熱い(熱すぎる?)本。「友の足音」としての文学というのはかっこいい(ベンヤミンなのだけれども)。孕むこと=概念とかも(ニーチェなのだけれども)。

    カテゴリー:

    そんな日の雨傘に / ヴィルヘルム・ゲナツィーノ


    ★★★

    陰鬱でありながらユーモアのある、狂気に接近しながら常識の側に立つ語り手の妙……しかし、ちょっとポジティブに過ぎて。

    カテゴリー:

    渡辺麻友写真集『まゆゆ』 / 渡辺達生

    譜久村聖写真集『うたかた』 / 西條彰仁

    クリュセの魚 / 東浩紀


    ★★★★
    こういう美少女に抵抗感を覚えるようになってしまった。しかし書いてることはかっこいい。届かないことで届き続けるメッセージ。

    カテゴリー:

    岡井千聖写真集 『 千聖 』 / 樂滿直城

    Theme by Artexor(Customized)