• 本 (30)
  • 映像 (29)
  • 音楽 (6)
  • 物 (3)
  • おとぎ話みたい / 山戸結希


    ★★★★★

    傑作。山戸結希の書く、「哲学的」と呼ばれる独特の台詞、どこか、無理をして難しい言葉を使っているという感じがあり、『5つ数えれば君の夢』を観たときには苦手だなぁと思ったのだが、しかし「少女」というテーマをはっきり打ち出している『おとぎ話みたい』では、「少女」の不安定さ、たどたどしさ、イタさとその「哲学的」な無理な語り方が完全にマッチしている。思えば『5つ数えれば君の夢』も「少女」モノだったわけで、そういう見方をできてれば、山戸の脚本をもっと深く楽しめたんだろうなぁと今更思う。後に観た山戸のデビュー作『あの娘が海辺で踊ってる』も然り。映像も天才的。暗い田舎道をはしゃいで踊りながら歩くヒロインの「少女」的不安定さ、それを捉えるカメラさえも「少女」めいていて美しい。

    カテゴリー:映像

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Theme by Artexor(Customized)