• 本 (30)
  • 映像 (29)
  • 音楽 (6)
  • 物 (3)
  • 断片的なものの社会学 / 岸政彦


    ★★★★

    社会学ではなく、社会学についての本という印象。社会学というものには冷たいといったイメージを持っていたが、そして実際に冷たい(本書の言葉では「暴力」か)のだが、その芯にある人間性を感じさせる本。「セクハラヤジ」を受けた女性議員のかすかな「笑い」への鋭く暖かな視線は特に印象的。しかし、ただの良い本、でもある。

    カテゴリー:

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Theme by Artexor(Customized)