四月が来る前に 伝えたいコト
知っている言葉じゃ難しいけど
もどかしさに後ろ振り返れば
大事な何かをつかめそうで

いくら願っても 地球は進む
季節は優しく そして厳しい

まぶたを閉じて
耳を澄まして
感じた世界と 別れの気配
くすんだ校舎 グラウンドのにおい
すべてが僕らの思い出に繋がる

すれちがったリノリウムの廊下
君が立っていたあの窓辺
ただ輝いていて ずっと遠くて
木漏れ日の差す 最後の講堂

桜が咲くには もう少し
歌声たちは散っていくのに

君の言葉で
色を増す世界
手にいれたすべて 輝かしい日々
桜の樹の下で光る
僕らの笑顔 僕らの未来




TOP